癒されたいと願う気持ち

アロマが癒しに最適だと信じて疑わない看護師の方がかなりいらっしゃることでしょう。寝る前にアロマを活用することで、質の高い睡眠が取れると切に思っていることでしょう。そうすることによりアロマが生活の友だと信じ、社会生活を送る上での生命線だと位置付けしていると思います。アロマが身も心も救ってくれていると信じることで、最高の癒しになってくるのです。
多大な癒しの効果を求めて、高価なアロマを購入しようと考えている看護師の方も居ることでしょう。以前友人から看護師を辞めた人が値段の高いアロマを購入し看護現場に復帰をしたということを聞いて、アロマへの興味を抱くようになりました。その人にとってアロマが、ストレス社会で耐え抜くために必要な癒しだったのでしょう。まるでアロマが看護現場での道を明るく照らし出しているように感じてきて、アロマは看護師として自分が存在し続けるための必需品になるのではと思いました。 夜勤から帰ってきた時は体は疲れているのですが、なかなかスムーズに眠れないことが多く、眠りが少ないことで余計に疲れてしまっていました。また夜勤に備えて昼間に寝たいけれど、眠れなかったこともあります。しかしアロマを使うようになり昼間の時間帯でも睡眠を促してくれるので、昼間にぐっすり眠れるようになりました。やはり心をリフレッシュさせて穏やかな気持ちになることは大事なことだと思います。同じようにアロマを使用するようになった看護師の方が結構おられるのではないでしょうか。無理をせず心を穏やかにして頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です